子どもを連れての旅行は、家族の時間を楽しむのに素晴らしいチャンスですが、経験者であっても未経験者であっても、何となく少し気が引けてしまうものです。そこで今回は、子どもとの休暇を楽しく、そしてできる限りストレスフリーにするためのアドバイスを5つまとめました。

早めに予約

航空券や宿泊先の予約をなるべく早い段階で済ませてしまいましょう。これは節約につながる上に、フライトでは座席指定や機内食の指定、ホテルではファミリー向けの部屋の確保がしやすくなります。ファミリー向けのアメニティやベビーベッド、ベビーカー、ライフガードのいる子ども用プールやティーン向けプレイルームなど、多くのホテルにはファミリーをターゲットとした設備などを設けています。dubli.comを通して予約をすれば、エミレーツでのフライトの予約Booking.comを使ってのホテルの予約Priceline.comでのレンタカーの予約など、世界屈指の旅行サイトを利用しながらキャッシュバックを得ることができます。

子どもとの旅行のための5つのアドバイス02余裕を持って早めに予約をしておくことで、休暇を最大限に楽しみましょう。

 

旅行の計画を立てる

旅行中の行動計画を事前に立てておきます。もし子どもが自分で調べごとをするのに十分な年齢であれば、子ども自身が行ってみたいところややってみたいことをリサーチさせると良いでしょう。事前にしっかり下調べをしておくことで、前もって予約をすることはもちろん、混雑する時間帯を避けることもできますし、イベントやアトラクション、特定のスポットなどの休止時間や休業を現地で知るというハプニングも防ぐことができます。家族での予定を立てる際には、それぞれが楽しみにできるように計画を立てましょう。小さな子どもには事前に写真を見せながら説明をして、そこを訪れることを楽しみにしてもらい、基本的な予定も説明しておきましょう。本人が選べるオプションも与えてあげることで、計画を立てる段階にも参加していると感じてもらえるはずです。

子どもとの旅行のための5つのアドバイス03旅行の予約が取れたら、今度は楽しいファミリーアクティビティの計画です。

 

荷物は賢くより軽く

不要なものを詰め込んでいると必要なものを忘れてしまいがちです。手荷物に入れておきたいのは:消毒ジェル、ウエットティッシュ、ハンカチ、テッシュ、ゴミや汚れた物を入れるためのビニール袋、小分けになったお菓子、かさばらないおもちゃなど。子どもが一人で歩ける年齢なら、自分の荷物は自分のリュックやキャリーで運ばせることで、自立心と責任感を養ってもらいましょう。もし暑いところへ行くのなら、日焼け止めや帽子などの日差し対策グッズを忘れずに。現地で買わなくても済むように、常備薬やコンパクトな旅行用トイレタリーも持っていくと良いでしょう。

子どもとの旅行のための5つのアドバイス04小さな子どもは自分専用のバッグを持ち運ぶことを楽しんでくれます。

 

子ども向けエンターテイメントを持ち運ぶ

短距離フライトから長時間のドライブまで、幼い子どもの親にとってはこれが大変な時間になることがあります。ティーンの子どもたちなら、映画を見たり、寝たり、スマートフォンを使ったりして時間を過ごせるのですが、小さな子どもは日常から離れるだけでも大変です。塗り絵に飽きてしまった時に備えて、タブレットにキッズ向けゲームやビデオを入れておきましょう。また、旅行中に子どもを楽しませるための楽しいアイディアとして、カメラをもたせておくのも良いでしょう。なるべく丈夫で子どもでも使いやすいタイプのものが好ましいでしょう。身の回りの興味を引くものを写真に収めて楽しんでくれるはずです。また、旅行の記録を日記に残すようアドバイスするのも良いでしょう。レストランやホテルで一息つく時間を利用して、訪れた場所の絵を描いたり、初めて見たものや経験したことについて記録をしたり、一日の終わりにはその日を振り返り、使ったチケットなどを集めてみるのもいいかもしれません。これは子どもたちにとって楽しみになるだけでなく、時が経ってから見返すことのできる素晴らしい思い出にもなるはずです。これらの楽しいオプションに加え、おやつも忘れずに!疲れと同様、空腹はちびっ子たちのかんしゃくの引き金です。

子どもとの旅行のための5つのアドバイス05移動中に子どもを楽しませ続けるのは、旅行中最も大変なポイントかもしれません。

 

安全第一

家族全員の安全を保つのは何よりも大切です。子どもの好奇心を尊重し、たくさんの体験を自由にさせてあげながらも、危険がないように常に見張るのはなかなか大変なことです。こんな時のためにもいくつかのオプションがあります。まずはおなじみの、子どもの手にあなたの電話番号を書いておくという方法。万が一はぐれてしまっても、これがあればスムーズに合流が可能です。もっと幼い子どもの場合は、身につけられるGPSトラッカーを使うのが良いでしょう。あなたのスマートフォンにアプリをダウンロードしておけば、我が子の居場所が一目瞭然。様々なデザインのGPSが$10〜$100で手に入ります。GPSやBluetoothを使えば、地図上のどこまででも、子どもの居場所を特定することができます。多くはウォータープルーフな上に、中には防災ブザーが付いているものや、トランシーバーのように通話ができるものもあります。用途に合ったものを探したら、dubli.comを通して購入することでキャッシュバックをゲットしましょう。

特に人混みの中では家族全員の安全を徹底しましょう。

 

▽本ブログの英語版はこちら▽

5 Essential Tips for Traveling with Kids

(Visited 10 times, 1 visits today)