結婚式は、家族や友人の前で、お互いの絆を誓い合う大切なセレモニーです。「何か新しいもの、古いもの、借りたもの、青いもの」をという言い伝えを聞いたことがある方は多いと思います。これらのものは、母親、姉妹、叔母、その他親戚から借りたり、花嫁が自分自身に贈ることもできます。

何か古いもの

古いものは、結婚の継続を表します。これは彼女の母親や祖母のウエディングドレスでもいいかもしれません。もちろん、トレンドの変化もあるので、花嫁は現在の流行に合わせてドレスをお直しすることもできます。また、ロケットを花束につけることは、一緒にいることのできない大切な人と一緒にいるような気分で、時間を過ごせる素晴らしい方法です。祖母の真珠のネックレスなど、家に代々伝わるものを身に着けるのもこのテーマにぴったりです。

何か新しいもの

何か新しいものは、新生活や未来への希望を表します。匂いは思い出とリンクするため、新しい香水を身に着けるのもいいかもしれません。あなたがこの香水を身に着けるたびに、あなたの夫は結婚式を思い出し、幸せな気持ちになるでしょう。また、イニシャルをネックレスを新しいハンカチに入れることも可能です。(あなたが新郎の姓を名乗る場合)。あるいは、新しいヘアカットやヘアースタイルにチャレンジするのもいいでしょう。

何か借りたもの

借りたものは、すでに結婚して幸せな家族や友人から借りたものを借りることで、幸せをあやかるという意味があります。花嫁のベールなどでもいいかもしれません。また、家族のネックレスやイヤリングなど、貸す人の思いが詰まっているものも素敵です。

何か青いもの

青は、愛、純潔や清らかさを表す色です。青い蘭の花、ブルーアイリス またはアジサイの花束を持つ人や青い靴やサファイアのネックレスを身に着ける人もいます。

結婚式には、お金がかかりますが、Dubli.comを利用することで、さまざまなアイテムがよりお得に手に入ります。また、たったの年額$49または月額$4.99でVIP会員となることができ、よりたくさんのキャッシュバックを獲得できます。

(Visited 5 times, 1 visits today)